RaspbianにAzure CLI 2.0を入れる

 RaspberryPiからAzureで立てた仮想マシンに仕事をしてほしかったので、CLIをインストールしてみた。ストレートにワンコマンド…といかなかったのでメモ。
sudo apt-get install libffi-dev

sudo apt-get install python-dev
#sudo apt-get install python3-dev
sudo apt-get install libssl-dev

sudo curl -L https://aka.ms/InstallAzureCli | bash


 インストールが済んだらコマンドで確認してみる。

comment: 0

Raspberry Piの初期設定箇条書き



 Raspberry Piの最初のモデルを持っていたが、2はなんとなくスルーした。そんでこのたび3が出て、USBポートからHDD駆動の電力が出るものに変えたいなと思っていたので買った。
 以前のRaspberryPiはファイルサーバとして使っていたので、その辺も含めての初期設定を箇条書きでまとめておく。
 ちなみにHDDはTOSHIBAの2.5インチ、15mm厚を買った。15mm厚だとUSB1ポートからの電力駆動が無理かなと心配だったが、今のところ問題なく動作している。

・IP固定(SSH接続のため)
sudo nano /etc/dhcpcd.conf

interface eth0
static ip_address=192.168.XX.XX/24
static routers=192.168.XX.1
static domain_name_servers=192.168.XX.1


・ホスト名変更
sudo nano /etc/hosts
sudo nano /etc/hostname


・cron作業設定
crontab -e
sudo /etc/init.d/cron reload



・HDDマウント
NTFSのHDDマウントのためのモジュールを入れる
sudo apt-get install ntfs-3g

接続されたHDDのUUIDを調べる
sudo blkid /dev/sda1


sudo nano /etc/fstab
上記コマンドで設定ファイルを開いて、下記を追加。
UUID="XXXXXXXXXXXXXX" /mnt/hdd1 ntfs-3g defaults,nofail 0 0



・samba

sudo apt-get install samba

sudo nano /etc/samba/smb.conf

[share]
path=/mnt/hdd1
read only=no
browserable=yes
guest ok=yes
hide files = Thumbs.db/desktop.ini
force user=XXX

sudo service smbd restart
sudo service nmbd restart
comment: 0