VisualStudioで作ったDockerイメージでWebアプリってほんとに動かせるのか試す

前回

 VisualStudioでWebアプリを、Dockerサポートを有効にして作り始めた。ローカルでのデバッグ実行は、ブラウザにサイトが表示されたので成功。ではコンテナを実際Webサーバにのっけるとどうなるだろう。それをAzure Container Instanceで試す。
 DockerでWebアプリを走らせる方法はいくらかある。VPSを用意してそこにDockerを入れるとか。だけどコンテナホスティングサービスを使うのがかなり楽。いろいろ楽。

 まずDockerイメージをビルドしてDocker Hubへプッシュする。Docker Hubをググって探して、アカウントを取得しておく。
 プロジェクト内にdocker-compose.ymlがあるので、imageというキーに対応する値に自分のDockerHubアカウント名を入れる。これで作成されたイメージはDockerHubへプッシュできる。
    image: tetsujin

   ↓
    image: [account name]/tetsujin

 dokcer-compose.ymlの編集が済んだらDockerイメージをビルドする。VisualStudioでソリューション構成をReleaseにして、ソリューションをビルドする。PowerShellを開いて"docker images"を実行し、dokcer-compose.ymlでimageに設定した通りの名前のDockerイメージができているのを確認する。
 確認できたらプッシュ。
docker push matoba/tetsujin




 Dockerイメージをパブリックな場所に用意できた。つぎはAzure Container InstanceでこのDockerイメージを使ってWebアプリとして実行する。Azure Portalで指示に従ってもろもろ埋めて立ち上げる。


 作成されたリソースをのぞいてIPを確認する。

 ブラウザでIPへアクセスしてみる。

動作が確認できた。

 VisualStudioで作ったDockerイメージからWebアプリを動かせるのを確認した。引き続きASP.NET Core MVCでのブログの開発を続けていく。
comment: 0