Debian環境で動かす.NET Coreアプリで画像処理ライブラリCoreCompatを使う

 VisualStudio2017でのプロジェクト作成に、Dockerコンテナサポートがあるので、それを使ってコンテナのDebianに以前作ったASP.NET Core MVCアプリを移植している。今回は画像処理ライブラリCoreCompatを入れる。CoreCompatを選ぶのに参考にしたのは↓。
https://www.infoq.com/jp/news/2017/04/net-core-imaging


 まずVisualStudioでパッケージマネージャコンソールでCoreCompatをインストールするコマンドを実行。
Install-Package CoreCompat.System.Drawing -Pre


 インストールが済んだら使い始めたいが、それをやったらgdiplusがないぞ、というエラーを吐かれたのでそれをDebianにインストールしておく。
apt-get install -y gdiplus


 以上でDebian上でも.NET Coreの画像処理ライブラリとしてCoreCompatが使えるはず。
 ここのところASP.NET Core MVCアプリをDockerコンテナ環境で動くように移植している。実際やってみて、この環境のアプリを作るのはいろいろマゾい気がするようになってきた。上記のように、画像処理ライブラリを入れても、ものによってOSレベルで依存ライブラリのインストールしなきゃいけなかったり、Azureのある機能のエミュレータがローカル環境での開発で考えられているためにもろもろ設定が必要だったり…
comment: 0