Azure PipelinesでGithubプッシュによる自動ビルドを行うブランチを追加する

 AzureでCI/CDができるAzure Pipelinesが、OSS向けはけっこうよさげなリソースで無料利用可能との発表があったので早速触ってみた。既存のプロジェクトに、紹介ビデオを見ながら導入。
https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/devops/pipelines/index?view=vsts

 やってみたのはいいんだけど、master以外のブランチでもGithubへのプッシュによる自動ビルド起動に手間がかかったのでメモ。

 ドキュメントに、「YAMLにtriggerを書かなければすべてのブランチで自動ビルド実行されるよ」と。されんかったぞ。triggerで対象ブランチを書いてもだめ。設定ページで「YAMLの設定をここでオーバーライドする」とあったのでそれを切ってもだめ。結局、設定ページで一つずつ対象ブランチを追加するしかなかった。


 そういうわけで設定ページまでの行き方を残す。とりあえずmasterブランチのビルドパイプラインは、ビデオに従った手順でできているとする。

 ”Edit”を選択


 ”Trigger”を選択し、branchフィルターでビルドを行いたいブランチを追加。


 以上で任意のブランチのGithubへのプッシュで、自動ビルドが走るようになる。

2018/11/21追記
branchフィルターにワイルドカードを入れれば、それで全ブランチ対応できることを確認。
comment: 0