MongoDBを3.4→3.6→4.0とアップデートしていった

 祝MongoDB4.0、トランザクションサポート。このブログのデータベースはMongoDB。3.4からバージョンアップをさぼっていたが、この機会に→3.6→4.0へとサクッとやった。サクッとできた。軽い手順メモ。環境はCentOSの7系。レプリカなしのスタンドアロン構成。

検証
 データベースのバージョンアップを行った場合の検証はDockerが活躍。元のデータベースはdumpを取って動作を止め、DockerHubからMongoDB4.0のイメージを落として立ち上げた。そしてdumpをリストア。これでデータベース変更が完了し、自動テストがすべてそのまま通ったので先に進んだ。


3.4→3.6
 公式にある手順に従う。ただしbind_ipなるオプションが追加されている。これはアクセスを受け付けるIPを絞るオプション。最初はローカルのみ受け入れる設定になっている。mongod.confをデータベース起動前にいじって、ワイルドカードとなる0.0.0.0を設定した。いろいろなサーバからアクセスしてるので。


3.6→4.0
 公式にある手順に従う。こっちのバージョン変更は設定はなにもいじらないでいけた。


 Dockerと自動テストのおかげで検証が楽に進んだ。まあ金さえあればマネージドのデータベースを使ってもっと楽ができる。個人の趣味でやるにはマネージドって高いんだけど、開発者が運用に取られて消費する時間を考えると安いと思うような価格設定がされているんじゃあないかというところ。時は金。
comment: 0