TravisCIからのテスト成功時の自動デプロイの書き方がまずかったので直す

TravisCIでGitHubフローをやるために、masterブランチの場合のみデプロイする。
 以前に、TravisCIから、テスト成功時に自動でデプロイするためにスクリプトを書いた。
# !/bin/sh -x

if test "$TRAVIS_BRANCH" = "master"; then
doDeploy
else
echo "$TRAVIS_BRANCH branch"
fi


 上記のは条件が一つ足りていなくて危なかった。masterへのコミット時にTravisCIでのビルド成功時に実行されるが、masterにプルリクを投げた時も同様にビルド成功時にスクリプトが走ってしまう。プルリクをはじかなければいけない。
# !/bin/sh -x

if [ "$TRAVIS_BRANCH" = "master" ] && [ "$TRAVIS_PULL_REQUEST" = "false" ]; then
doDeploy
else
echo "$TRAVIS_BRANCH branch"
fi
comment: 0