MongoDB Atlasを使うのを先送りにした

 MongoDBのマネージドサービスであるMongoDB Atlasの手ごろなプランが出たなーと思って、データを展開して試していた。M2/M5がその手ごろなプラン。


 導入に際して、サーバは三大パブリッククラウドの各リージョンから選べた。だがM2/M5はそこから制限がそこそこあった。まあそこはGCPの台湾リージョンを選んでみた。
 無理だったのは機能の制限。リソースが共有なだけあって、コストが高くつきそうな機能は使えなかった。サーバサイドJSの実行とか。
Atlas M0 (Free Tier), M2, and M5 Limitations
comment: 0