なぜチームで開発ができないか

 ある場所でチームで開発ができない状態にある。理由はそれをやったことがないのと、具体的にやろうというアクションも取られていないことによる。ぼくの視点から問題点ややるべきことをまとめておく。たぶん、チームで開発できないところは同じ理由を抱えてるんじゃないかと思う。これらの問題を解決していけばまずは…という形にならないかな。

業務フローが標準化されていない
 だから作業分担ができない。できる人に集中する。属人化。

設計が適切にされていない
 開発のフェーズで設計がない。MVCでやろうと言っているのにべた書きにかなり近いものになっている。
 モデルを設計してその相互依存を考慮して分担とか、モデルとビューで分担とか、まずちゃんと設計をやる。

開発に使うツールが適していない
 もうチームで開発できるようになっていかなければまずいという状況で、集中型バージョン管理システムを貫こうとする。あるいはそもそもバージョン管理をしていなくて、新規に集中型バージョン管理システムを導入しようとする。

開発者の心理
 なんでも自分でやってしまいたい、やってしまえばいいと思っていて分担を考えない。

日頃から問題が出たときに知識、解法の共有を行っておく
 メンバーにそもそも経験値が足りていない。
・あるプロジェクトで技術的に難しい問題が発生する
・たまたまそのプロジェクトを担当しなかったから問題に差し当たらなかったメンバーが当然いると考える
・問題を理解する→解決法を知る プロジェクトの外にいても、これをやるだけで経験値はしっかり入ってくる


 気軽になにかを聞けるチームというのは、互いの信頼感が強まってくるものだと思う。チーム開発で目指すべきはそういうところではないのかな。
 逆に気軽にそれができなければ、上の人の威厳は畏怖によって保たれるが、相互の信頼は弱い。
 開発チームとしてどっちが強いんだろうか、アウトプットとしてどっちが質がいいものが出せるんだろうかというところ。
comment: 0